「デジベル」ご利用例

  • Atオフィス(会議室)

    会議室内への呼びかけや中から外への伝達は、スタッフが行うと会議が一時中断となり、貴重な時間の妨げになります。

    会議室内にブロックを置くことで、室外の受付担当や管理担当者に「ドリンク」「清掃依頼」「会議室利用の延長」などの要望を伝えることができたり、会議室内にリストバンドを置くことで、「終了時間の通知」「退室の依頼」など、会議室利用者に要望を伝えることも可能になります。

    また、会議中にプレゼンテーションやアジェンダの時間配分・管理に利用し、会議を時間通りに円滑に進めることが可能になります。

  • Atレジ回り

    レジ打ちの業務中は、釣り銭の補充やクレーム対応など、誰かに応援を頼みたいタイミングが多くあります。

    「デジベル」は小売店のレジ回りで、インカムや店内放送の代わりとしてスタッフ同士のコミュニケーションツールとして活用することができます。音ではなく振動で通知するので、お客様の買い物の邪魔をすることがありません。

    他のお客様の対応中や手が離せない時も、ブロックを倒すだけなので、素早く要件を伝達することが可能です。

  • Atウェディング

    結婚式の最中は「すみません!」と大きな声を出したり気づかれるまで手を上げ続けることも難しいものです。
    ゲストは、「デジベルは」テーブルに設置されたブロックを倒すことで要望を伝えることができるので、追加の飲み物のオーダーを式の進行を気にすることなく行うことができます。

    スタッフには振動で通知されるので、式の雰囲気を壊すことなく、スマートな接客が可能です。